踏み台にプロキシサーバ

踏み台の内側からyumを使用するために、踏み台にプロキシを構築する。

セキュリティを考えなければsquidのデフォルト設定だけで動作する。 設定ファイルは/etc/squid/squid.conf。デフォルトのポート番号は3128

Rocky Linux 8/AlmaLinux 8の場合

squidのバージョンは4.15

dnf install squid
systemctl enable squid --now
firewall-cmd --add-service=squid
firewall-cmd --runtime-to-permanent

CentOS 7の場合

squidのバージョンは3.5

yum install squid
systemctl enable squid
systemctl start squid
firewall-cmd --add-service=squid
firewall-cmd --runtime-to-permanent

CentOS 6の場合

squidのバージョンは、パッケージ名がsquidなら3.1、squid34なら3.4。

/etc/sysconfig/iptables
-A INPUT -m state --state NEW -m tcp -p tcp --dport 3128 -j ACCEPT
yum install squid34
service squid start
service iptables restart
echo "proxy=http://192.168.0.1:3128" >> /etc/yum.conf

squidのcache_peerを使用する。

プロキシがhttp://user:pass@10.1.2.3:8080の場合の例。

cache_peer 10.1.2.3 parent 8080 0 no-query default login=user:pass proxy-only
never_direct allow all

踏み台を悪用されないようにアクセス制限をかける。

アクセス制御の部分のみ抜粋。

# 踏み台の内側
acl private src 192.168.0.0/24

# ローカルホストからの要求は許可
http_access allow localhost
# 踏み台内側からの要求は許可
http_access allow private
# それ以外の要求は拒否
http_access deny all
  • 内側から外側へのプロキシ
  • 外側から先は別のプロキシへ転送
  • 外側から内側へのプロキシ
  • 外側から外側への要求は拒否する

acl dstの-nオプションについて

外側の端末は、http://192.168.0.1:3128をプロキシに設定すれば踏み台の内側にアクセスできる。

/etc/squid/squid.conf
# 宛先がno-proxyでなければ、外側のプロキシに要求を転送
cache_peer 10.1.2.3 parent 8080 0 no-query default login=user:pass proxy-only
acl no-proxy dst 10.0.0.0/8
acl no-proxy dst 172.16.0.0/12
acl no-proxy dst 192.168.0.0/16
acl no-proxy dst fc00::/7
always_direct allow no-proxy
never_direct allow all
 
# デフォルトの設定 ここから
acl SSL_ports port 443          # https
acl Safe_ports port 80          # http
acl Safe_ports port 21          # ftp
acl Safe_ports port 443         # https
acl Safe_ports port 70          # gopher
acl Safe_ports port 210         # wais
acl Safe_ports port 1025-65535  # unregistered ports
acl Safe_ports port 280         # http-mgmt
acl Safe_ports port 488         # gss-http
acl Safe_ports port 591         # filemaker
acl Safe_ports port 777         # multiling http
acl CONNECT method CONNECT
 
http_access deny !Safe_ports
http_access deny CONNECT !SSL_ports
http_access allow localhost manager
http_access deny manager
# デフォルトの設定 ここまで
 
# 踏み台の内側
acl from-private src 192.168.0.0/24
acl to-private dst 192.168.0.0/24
 
# ローカルホストからの要求は許可
http_access allow localhost
# 踏み台内側からの要求は許可
http_access allow from-private
# 踏み台外側から踏み台内側への要求は許可
http_access allow !from-private to-private
 
# それ以外、踏み台外側から踏み台外側、の要求は拒否
http_access deny all
 
# ホスト名を取得できないという警告が出るならここで設定
visible_hostname xxxx
 
# キャッシュを無効にしてプロキシ機能のみを使う
cache deny all
# 停止時の待ち時間を短く
shutdown_lifetime 1 seconds
 
# X-Forwarded-Forヘッダを編集しない
forwarded_for transparent
 
# デフォルトの設定 ここから
http_port 3128
coredump_dir /var/spool/squid
refresh_pattern ^ftp:           1440    20%     10080
refresh_pattern ^gopher:        1440    0%      1440
refresh_pattern -i (/cgi-bin/|\?) 0     0%      0
refresh_pattern .               0       20%     4320
# デフォルトの設定 ここまで

SSHを利用して簡単にSOCKS5のプロキシサーバを構築する。 SOCKSに対応したアプリなら内側から外側にも、外側から内側にも使用できる。

systemdを使用するCentOS7以降での設定方法。

rootユーザでSSH認証鍵を作成し、自分自身に公開鍵を登録する。 localhostは公開鍵の登録時と、次のユニットファイルでの指定とで合わせる。

# ssh-keygen
# ssh-copy-id localhost
# vi /etc/systemd/system/socks-proxy.service
/etc/systemd/system/socks-proxy.service
[Unit]
Description=SOCKS5 proxy server
After=network.target network-online.target
Requires=sshd.service
 
[Service]
Type=simple
ExecStart=/usr/bin/ssh -nTND :1080 -o BatchMode=yes localhost
Restart=always
 
[Install]
WantedBy=multi-user.target
# chmod 664 /etc/systemd/system/socks-proxy.service
# chown root:root /etc/systemd/system/socks-proxy.service
# systemctl daemon-reload
# systemctl start socks-proxy
# systemctl enable socks-proxy
# firewall-cmd --add-port 1080/tcp
# firewall-cmd --runtime-to-permanent

curl

curl -x socks5h://10.2.3.4:1080 <URL>

プロトコルにsocks5hを使用するとプロキシサーバに名前解決を依頼する。 例えば踏み台の内側で独自にDNSサーバを建ててプライベートなドメインを構築している場合、 socks5hを使用すると踏み台の外側から内側のホスト名でURLを指定できる。

プロキシサーバでの名前解決が不要な場合はプロトコルにsocks5を使用する。

TeraTerm

新しい接続ホストを以下のように指定する。

-proxy=socks5://10.2.3.4:1080 <user>@<host>

名前解決はプロキシサーバに依頼。

WinSCP

サイトの設定で、接続-プロキシを開く。 プロキシの形式SOCKS5を選択し、プロキシホスト名ポート番号を入力する。

名前解決はプロキシサーバに依頼。

FireFox

プロキシの設定で、SOCKSホストに設定する。 またSOCKS v5を選択し、必要ならSOCKS v5を使用するときはDNSもプロキシーを使用するも選択する。

  • 最終更新: 2022-06-20 06:52
  • by nabium