articles:using_virt_install

virt-installのオプション

オプション/サブオプション 概要
--name NAME 仮想マシンの名前 --name demo
--memory OPTIONS メモリ容量、単位はMiB --memory 2048
memory 初期割当メモリ --memory memory=2048,maxmemory=4096
maxmemory 初期最大メモリ
hotplugmemorymax,hotplugmemoryslots 動的メモリ
--vcpus OPTIONS 仮想CPU数 --vcpus 2
vcpus 初期仮想CPU数
maxvcpus 最大仮想CPU数
--disk OPTIONS 仮想ディスク、複数設定可 --disk size=8
path=PATH 作成/アタッチする仮想ディスクのパス
size=SIZE ディスク容量、単位はGiB
boot_order=NUM 仮想ディスクを複数接続する場合のブート順序
sparse=<yes|no> 可変容量ならyes、固定容量ならno、デフォルトはyes
--network OPTIONS 仮想ネットワーク、複数設定可 --network network=default
--network network=NAME,OPTIONS 仮想ネットワークへ接続
--network bridge=BRIDGE,OPTIONS ブリッジへ接続
--network type=direct,source=IFACE,OPTIONS macvtapを使用した直接接続
--network none 仮想ネットワーク無し
virtualport_type=NAME Virtual Portの種別 --network bridge=ovsbr0,virtualport_type=openvswitch
boot_order=NUM 仮想ネットワークを複数接続する場合のブート順序 指定するとCentOS 7がブートしない、指定しない場合のブート順はオプションの記述順
--graphics TYPE,opt1=arg1,opt2=arg2,… 画面出力 --graphics none
vnc VNC接続 --graphics vnc,password=foobar
spice SPICE接続
none 画面なし、--nographicsと同義
--location OPTIONS インストーラ
--extra-args OPTIONS インストーラに渡す追加オプション
--os-variant OS_VARIANT ゲストOS
--autostart 自動起動を設定
--transient 一時的なVMを作成

--networkを指定しない場合、物理NICと接続したbridgeがあれば、そのbridgeと接続する。

無い場合はデフォルトの仮想ネットワーク(network=default)と接続する。

  • 最終更新: 2022-05-18 22:03
  • by nabium